設備の稼働率を上げる


設備の稼働率ってなに


設備の稼働率とは、時間稼働率、性能稼働率、良品率などのデータを統計して導き出されます。時間稼働率とは、設備に電源が入っている時間の中で、稼働時間を負荷時間で割って表すデータで、稼働停止の時間が大きくなるほど、時間稼働率は低下してしまうので停止させないて稼働し続けることが大切になります。性能稼働率とは、設備が動いていた時間の中で、正味稼働時間を稼働時間で割って表すデータで、設備稼働中に性能通りに稼働するために設備の維持管理が大切になります。良品率とは、設備が稼働している時間の中で、価値稼働時間を正味稼働時間で割って表すデータで、不良品が出来ると低下してしまうので、良品を多く生産することが大切となります。 設備の稼働率を上げるためには、設備の管理、保全を徹底して継続していくことが重要になり、また、そのための人材を確保していかなくてはなりません。

設備の稼働率を上げるメリット


設備稼働率を向上させることで、不良品が減少して生産量が増加することになります。これによって、生産に掛かるコストが低下し生産品の原価を低く抑えることができるようになります。さらに生産量の増加で生産品が多く出荷されることにもなるでしょう。これは、消費者にも多く認知されることに繋がり、売上高の上昇が予想されます。売上高の上昇は、設備投資にかける資金の増加に繋がり、最新の機械の導入が可能となることで更なる生産量の増加が可能になります。様々な良い影響の中で最終的には、工場で働く従業員の待遇が改善されて、所得向上に繋がる大きなメリットとなるはずです。これは、工場の求人を出す場合には重要な点であり、高待遇の職場は離職率が低く人材不足に陥りずらい傾向にあります。設備の稼働率を上昇させるために最初に取り組むことは、現場における作業工程や機械の効率化ができる箇所はないかどうかを見直すことが重要になります。