人の労力を設備に置き換える


人手による肉体労働を設備による自動化で対応した時代


高度成長期の製造業は、国内外の需要の高まりに応えるために、従来行っていた工場の人手作業を設備に置き換えて自動化を図り、生産性を高めて対応してきました。例えば配合工程では、危険物を含む液体原料を配合釜に投入した後に粉体原料も投入し、混合のための撹拌機も作業者が手でスイッチを押して動かしました。これらの人手作業が、リレーシーケンスを用いて自動投入や自動撹拌に置き換えるようになります。このようにして、人手では対応できなくなった需要の高まりに対し、設備を用いた自動化により生産性の向上を図りながら対応しました。この背景には、需要と供給のバランスがあり、高度成長期は需要が先行し供給が追いつかず、工場の求人を行いつつも人手不足で、設備による自動化が必要な時代でした。やがて、需要が成熟期に達すると工場の求人は一段落し、むしろ利益の最大化のために人員削減が始まり、自動化は更に進むようになります。

工場の自動化から事務作業の自動化やAIによる思考の自動化へ


従来はどちらかというと、人手による肉体労働を設備による自動化へと置き換えてきました。しかし、近年のように不況になると余剰人員が増え、その人員削減と肉体労働だけでなく、いわゆるホワイトカラーの事務作業も含めた自動化が進みます。更に、近年は少子高齢化が進んで労働人口の激減が危ぶまれています。そして今や日本の国策として、高度な技術を持った外国人労働者の受け入れを進めると共に、AIやロボットが登場して、あらゆる分野の仕事をこれらAIやロボットで補うという時代に突入しています。工場の自動化による生産性の向上から、今や人間そのものをロボットに置き換えて自動化し、生産性の向上を図る時代に進化しました。一般の家庭でも既にAIが導入され、生活家電や教育分野でも活用されています。今後は、工場の求人などの人員不足を補う形から、積極的な自動化が益々進み、AIロボットと共に働いて生きる時代が近いのかも知れません。