故障や不具合の修理


設備保全に必要なスキル


設備保全に必要な知識は多岐にわたります。設備は電気や機械や電子の要素でなりたっていますよね。具体的には、電気配線や歯車などの機構関係や制御に関する基板の知識が必要です。これらの知識を使って、故障や異常が起こった場合、生産などの業務に支障がないようにすぐに対処できる能力が求められているのです。まずはどこが悪いかを診断する必要があります。症状を確認して経験ですぐに特定ができればいいのですが、テスターや分解をして調査をします。原因が分かれば、修理や部品交換を行います。保全の領域は、自分たちで修理できるとは限りません。必要に応じてメーカーとタイアップをして対応する必要もあります。コミュニケーションをとり、よりいい方策を導き出す交渉力も問われます。

設備保全の求人で採用されるには


設備保全の求人で採用されるには資格保有のアピールです。電気系であれば電気工事士や電験です。機械系であれば技能士などがあります。保全の国家技能検定もありますよ。幅広くたくさんの資格を保有していると有利です。次に経験です。採用されるとお試し期間がありますので、そこで即戦力になれるように技能が必要です。実際に設備を取り扱う上での分解能力や工具の使い方などです。実技として査定されるため保全実績をしっかりと積んでおくことが重要ですよ。特殊な事例として外国製の機械を取り扱う場合があります。マニュアルが英語であったり、規格がISOやDINであったりしますので、英語のスキルや外国の技術の知識も必要となります。