画像処理装置を活用する


画像処理装置とはどのような装置か


工場の求人に応募を行う際、何か特定の装置を扱える技術があればそれだけで採用される可能性が高まります。その中でも特に注目を集めているのが画像処理装置です。画像処理装置とは目視における検査をコンピューターが自動で行ってくれる装置の事です。従来の目視検査は人間の目で検査するため、どうしても検査結果にばらつきが生じてきますし、検査できる人間の育成も非常に長い時間とお金がかかります。画像処理装置は従来目視で行っていた作業をコンピューターに行わせることによって、検査結果を平均化させるとともにコストの削減に非常に高い効果を得られることから、現在多くの研究機関や企業でこの装置の研究開発が日夜進められています。

画像処理装置の課題とは


ただし、画像処理装置にはいくつか課題も存在します。まず一つ目に、スペースや機能の制約上、部品を細かく見て検査する画像処理装置を製造するのが困難だという事です。工場で作られて送られる検査製品はキズや欠陥も多種多様で、インラインでの検査となるとスペースの都合で様々な側面から製品の欠陥を探す装置を作るのが容易ではありません。加えて、検査環境や内容が変わった際に、画像処理技術者による調整が必要になってくるという課題も存在します。逆を言えば画像処理装置の調整を手早く正確に行ってくれる人材が今人気を集めています。工場の求人に応募する際、画像処理装置の調整を行った経験があるのならば積極的にアピールするようにしましょう。