働き方改革が叫ばれるなかで、工場では生産性を向上できる人材を募集しています。がむしゃらに働くだけが良い時代ではなく、改善を実施して生産性を上げ、無理な残業が無くても生産が上がるように取り組んでくれる人材が必要です。

生産性の向上

設備の稼働率を上げる

設備の稼働率とは、時間稼働率、性能稼働率、良品率などのデータを統計して導き出されます。時間稼働率とは、設備に電源が入っている時間の中で、稼働時間を負荷時間で割って表すデータで、稼働停止の時間が大き…

Find Out Now

人の労力を設備に置き換える

高度成長期の製造業は、国内外の需要の高まりに応えるために、従来行っていた工場の人手作業を設備に置き換えて自動化を図り、生産性を高めて対応してきました。例えば配合工程では、危険物を含む液体原料を配合…

Find Out Now

画像処理装置を活用する

工場の求人に応募を行う際、何か特定の装置を扱える技術があればそれだけで採用される可能性が高まります。その中でも特に注目を集めているのが画像処理装置です。画像処理装置とは目視における検査をコンピュー…

Find Out Now

設備保全のスキルを持つ

せっかく最新式の設備を導入しても、故障や不具合があったりしては生産性は上がりません。設備を使いこなしたり、設備の保全を行うことのできる人材は非常に貴重なのです。幅広い知識と技術を身に付けて工場でその能力を発揮しましょう。

設備保全の能力を身に付ける

工場内の仕事を通じて様々な機械の設備保全の能力を身に付けるにあたり、それぞれの従業員の年齢やキャリアに応じて研修を行っている企業を就職先に選ぶと良いでしょう。最近では、正社員だけでなく派遣社員や期…

Find Out Now

故障や不具合の修理

設備保全に必要な知識は多岐にわたります。設備は電気や機械や電子の要素でなりたっていますよね。具体的には、電気配線や歯車などの機構関係や制御に関する基板の知識が必要です。これらの知識を使って、故障や…

Find Out Now

稼働率向上の改善

稼働率の向上には保全のスキルが大切です

工場の生産ラインの稼働率を如何にして向上させるかは、全ての製造業の主要テーマです。同じ設備で同じ人員で稼働率が上がれば、生産量が増えて、不良品も減って製品一つ当たりのコストが安くなり、利益の向上に繋がるからです。稼働率を上げるためには設備管理が必要で、設備の運転時間や故障による停止時間と件数などのデータを記録しておきます。そしてデータを分析して主要な停止要因を把握し、問題点を解消すれば即座に稼働率の向上が見込めます。また予め故障しそうな箇所が分かれば、事前にトラブルを回避する予防措置を施すこともできます。それには、設備保全のスキルを持つ人材が必要です。このような人材は工場では重宝がられて、工場の求人条件にも掲載されています。完全に設備を改善し、100%の稼働率を維持することはとても困難です。如何に稼働率を上げるか、如何に稼働率を維持するかが大切になり、そこで設備保全のスキルが活きてきます。

保全には事後保全と予防保全があります

設備保全には、事後保全と予防保全があります。事後保全は設備が故障する度に、修理を行うことです。これはイタチごっこになりがちです。稼働率の向上のためには根本から見直す必要があり、そこで登場するのが予防保全です。予防保全とは故障する前に計画的に行われる保全で、巡回監視などの稼働中の日常点検や、設備を計画的に止めて行う定期保全があります。日常点検では、異常の兆候を早期に発見できます。また、定期保全は故障がなくても設備を停止し、部品の劣化や摩耗などがないかを点検し、事前に対処する保全方法です。どちらも大事に至る前に設備故障を回避できるので、長時間の停止を防ぎます。工場ではこれらの保全活動が日々行われており、設備保全のスキルを持つ人材は、稼働率向上の改善にとってキーマンとなっています。そのキーマンは自分だけがスキルを持つだけでなく、工場では品質管理活動などで知識の共有化にも寄与しています。

期間工はけっこう稼げる人気の高い仕事です

期間工は、自動車や航空機などの製造ラインで行う作業が多く、未経験者でも働きやすい仕事です。無料の独身寮がある、入社祝い金がもらえる、残業が多くて稼げるといったメリットがあります。